マイセン 動物置物 2009年限定作品 リンゴと猿

マイセン 動物置物 2009年限定作品 リンゴと猿 マイセン 動物置物 2009年限定作品 リンゴと猿  

商品コード:P480/WM114
カテゴリー:動物置物
タイトル:リンゴと猿
サイズ:H=7.5cm
メモ:原作者:J.J.Kändler 2009年記念限定作品 世界限定100個 証明書付 900384-78583
価格:お問い合わせ下さい。

ご覧の作品はケンドラーによる原作は1745年頃に作られた猿をモチーフにした動物人形です。当時ケンドラー達が作品を作る上でのデザインのために人物、風景、動物などが描かれた水彩画や銅板画をよき素材・手本にしていました。この「リンゴと猿」もまさに上記の写真(クリックして拡大視できます。)のような絵の中の猿を模した作品なのではないでしょうか。最初の絵はバロック時代の画家であるFrancis Barlow (1626?–1704)の作です。当時ロンドンで活動していた彼は動物等をモチーフにした作品をいくつか残しています。ことに彼の白鳥のエッチング絵図がケンドラーのスワンサービスの創作に一役買ったというエピソードがあります。さらに次の絵はMaria Sibylla Merian (1647–1717)による作品です。彼女の名前はご存知の方も多いでしょう。フランクフルト生まれの彼女は、自然科学者でもあった自身の興味の対象として多くの植物や昆虫などを詳細に描いたことで知られた画家でもありました。マイセンにおいては特に細密に描かれたFF画(最高の絵付けの意)と称された絵付けスタイルのモチーフとして彼女の描いた花や蝶を使いました。「メーリアンの花絵付け」とも呼ばれ、マイセンの中でも高価な作品として扱われます。ケンドラーの作品と二人の作家の猿をモチーフにした絵図をくらべてみると共通点が見えてきます。世界限定数100個の貴重なこの作品はおすすめです。

文:園田(Article by M.Sonoda)




コメントを残す